Home » Blog » 生殖補助医療について » 不妊治療をすれば絶対に妊娠できますか?

不妊治療をすれば絶対に妊娠できますか?

こんにちは、Amrita Fertility Japanです。

これから妊娠に向けて、治療をご検討されている際に

事前にきちんと理解しておきたいことの1つが「成功率」です。

     

本日は成功率についてお話をいたします。


「成功率」について現実的な情報に触れましょう

不妊治療成功率

50年ほど前だったら

体外受精というオプションすらなかったわけですが

今日年々医療技術は進み、今まで難しかったことが、医療の力をかりてできるようになりました。   

  

しかしながら、どうしても「100%」保証をするのはとても難しく

   

どんなに医療が発達しても、コントロールできない部分があります。

例えば、体外受精。

スペインで実施される体外受精のほとんどは、顕微授精(ICSI)と呼ばれる方法で、

卵子1つの中に精子を1つ「注入」する方法で行われます。

   
受精を医療でサポートしてあげたとしても、その後、その2つの細胞(精子と卵子)

が結びついて受精卵となり、

細胞分裂を始めるのかどうかは時間が経過するまでわかりません。

     
そしてその受精卵が成長した後に女性の子宮へ戻す(移植)ことを完了しても

その後着床し、妊娠が成立するかどうかは保証できないものなのです。


もちろん、クリニックや医師そして専門スタッフは
お薬のサポートや現代の最新医療技術を取り入れることで
治療の成功率が最高の状態になるようにベストを尽くしてします。

   

   
クリニックによって異なる成功率

不妊治療成功率

成功率はクリニックそしてそのクリニックがある国によっても異なります。

ご検討中のクリニックがある場合には

そのクリニックでの成功率についてドクターに事前に質問しましょう。

   

成功率はどのタイミングでの成功率について発表しているのか

(移植後2週間の血液検査、1回目エコー、出産までの割合などです)

によっても異なりますし

   

クリニックが大切にしている治療のポリシーなどによっても

変わってくるものです。

  

ウェブサイトで発表しているクリニックもたくさんありますし

医師や専門スタッフに問い合わせをするとすぐに確認できる情報ですので

ぜひ事前に聞いてみてください。

女性の年齢によって成功率は変わります

不妊治療成功率

患者様として治療を受けられる女性「ご本人」の卵子を使用する治療の場合

女性の年齢によって、治療の成功率は変わります。


その理由は、女性の年齢とともに妊娠の確率は低下し、

染色体の異常の可能性が増加するため流産の可能性が高くなるからです。

以前こちらの記事でも卵子についてお話しました。
https://japan.amritafertility.com/womens-body-and-health/all-about-oocyte/

一方、第三者の卵子の提供を受けて治療をする場合
治療の成功率は卵子ドナーさんの年齢のものです。


例えば、女性が48歳でドナーさんが25歳だった場合
成功率は「25歳の女性の妊娠率(成功率)」ということになります。


Amrita Fertility Japanの治療では30歳未満のドナーさんがほとんどですので成功率は約80%です。

    
個別のご相談(無料)を承っております

Amrita Fertility Japanでは

治療を検討されている患者様が、事前にクリニックの情報に触れ

治療方針や料金についてしっかり把握され、納得された上で治療を進められることが

重要だと考えております。

このため、いつでも無料でお電話によるご相談を承っております。

無料相談の詳細はこちらにご案内差し上げております。

また、LINEからのご質問やお問い合わせもご利用ください。

LINE IDの@amritajapanでお探しいただくか

こちらのQRコードをスキャンしてお友達に追加の上ご連絡くださいませ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *