Home » Blog » 卵子提供について » 新型コロナウィルスの影響で治療がストップ…治療再開までの時間を快適に過ごすための7つのヒント

新型コロナウィルスの影響で治療がストップ…治療再開までの時間を快適に過ごすための7つのヒント

現在、生殖補助医療を検討中もしくは治療中という

患者様にとりましても

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言で

治療を一時的に中止していらっしゃる不安な状況かと思います。

  

治療を中断しているということは

とても楽しみにされているママになるという素敵なプロジェクトを

中断しているということ。

 

不安や焦り、心細さなど色々な気持ちが入り混ざっている状況ではないでしょうか。

 

今日のブログでは、この状況でどのように心のケアをしていくことができるか

そして出来るだけ早く治療に臨めるための準備というテーマでお届けします。

     

不安や焦りを感じてしまうのは自然なこと

このような状況で、不安や恐怖そして焦りや苛立ちを感じたり

罪悪感が顔を出すのはとても自然なことです。

   

なんて(私だけ)タイミングが悪いのだろう…

もっと早くに計画しておくべきだった…

いつまで待たなくてはいけないのだろう…

  

このように自分だけが運が悪かったような気持ちになったり

後悔したり自責の念にかられてしまうこともあるかもしれません。

   

今この環境で「治療を保留にする」ということは

将来やってくる赤ちゃんにとって最善な環境を整えて

安心して妊娠そして出産に備えていただけるための最善の決断です。

     

治療再開までの時間を快適に過ごすには?

今のこの状況は世界中の誰にとっても予想外で不自由なものです。

この状況を出来るだけ快適に、ストレスを少なく過ごすためのアイディアをこちらでシェアします。

   

  • 一時的なチャレンジだということをご自身へリマインド
    これまでにあなたも色々なチャレンジを乗り越えていらしたと思います。
    そして新型コロナウィルスの蔓延により、不妊治療だけでなく、お仕事やご家族そして交友関係など、生活の全てが影響を受けています。
    この状況が生涯続くわけではない、ということをご自身にリマインドしてあげましょう。
      
  • コントロールできないことを手放す
    例えば、当院の患者様のように、スペインの緊急事態宣言により
    スペインへの入国が禁止されてしまったり、クリニックの活動そのものを保留にせざるに得ない状況の場合、

    もっと早くに行動していればよかった…
    一体この状況がいつまで続くのだろう…
     
    そのような気持ちを抱くこともあると思います。
    「お天気」と同じで、このような新しいウィルスの世界的な流行や各国のロックダウンなどは私たち個人ではコントロールできないことです。
     
    そのためには「今」「私が」できることにフォーカスしてあげることで

    ストレスをコントロールすることができます。
      
  • ご自身へのご褒美タイム&セルフケアの時間を充実させる
    普段お忙しい毎日の生活ではなかなか
    セルフケアの時間をとることが難しい場合もあります。
      
    特にロックダウンとなり、ご自宅で過ごす時間が多い方は
    お気に入りのアイテムを使ってボディケアをしたり
      
    ヘルシーなお食事メニューをリサーチして作ってみる
    ストレッチやヨガ、瞑想などをして心と体がほぐれる時間を取り入れる
    十分な睡眠をとる
     
    「もっと時間があったらいいのに…」そんな風に思っていて
    これまでなかなかできなかったことに思い切り時間を使えるチャンスでもあります。
  • 卵子提供を伴う体外受精の成功率は変わりません!
    治療が保留となり、焦りや不安を感じてしまう場合
    治療が数ヶ月遅れてしまうことで、とてもガッカリされてしまうお気持ちも
    とてもよくわかります。
     
    診察時にも医師からお話をさせていただいておりますが
    卵子提供を伴う体外受精の場合、治療の成功率は
    患者様の年齢には関係なく一定です。
      
  • 感染しないさせないためにできることを
    世界保健機関などでも勧められているように
    新型コロナウィルスに感染しない、そしてさせないことために
    1人1人ができることがあります。
     
    • 手洗い・うがいをする
    • 必要以外の外出を控える
    • 必要なときには、手袋、マスクを着用する
    • 感染の疑いがある場合には専門家の指示に従う
    • 心身ともに健康を維持しておくことで、状況が改善されたときにすぐに治療を再開できます
         
  • ご自身の感情と向き合い、必要な場合は信頼できる人に聞いてもらう
    色々な気持ちが湧いてくる状況だからこそ、ご自身の気持ちに向き合うことが大切です。
    日記のようにノートに書き出してみるのもいいですし、パートナーや近しい友人とシェアをすることでご自身の感情と上手に付き合うことができます。
       
  • 気分転換の時間を積極的に取り入れる
    ロックダウン生活や外出を控えたり、人と会えない状況であっても
    ご自宅でできることはたくさんあります。
    ご趣味はありますか?どのようなアクティビティが好きですか?
    読書、映画鑑賞、ダンス、エアロビクスなどなど
    お好きな気分転換の時間を取り入れて、毎日の生活にメリハリをつけてあげることも大切です。

    

まとめ

いかがでしたでしょうか。

1日も早く実現させたい素敵な願いがあると、このような状況では

フラストレーションを感じてしまいますが、前述した7つのポイントを1つでもいいので

どこかで取り入れられてみて、少しでもこの状況は快適にお過ごしいただけましたら嬉しいです。

 

Amrita Fertility Japanでは、いつでもオンラインでの無料のご相談を承っております。

オンラインでの初診も承っておりますので、これにより新型コロナウィルスが落ち着いて

治療が再開されたらスムーズに進められるように準備をしておくことも可能です。

ご質問やお問い合わせはLINEからどうぞ。

LINE IDの@amritajapanでお探しいただくか

こちらのQRコードよりお友達へ追加の上ご連絡願います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *