Home » ブログ » 卵子提供について » 卵子提供とは?

卵子提供とは?

こんにちは、Amrita Fertility Japanです。

 

卵子提供という治療の方法を聞いたことがありますか?

本日は、卵子提供とは?をテーマにお話しします。

 

「卵子提供」とは?

妊娠が成立するためには、「卵子と精子」が出会う必要があります。

   

自然の妊娠では、この卵子と精子の出会いは女性の体の中で起こるものです。

しかし、何らかの原因で自然な妊娠が難しい場合には

妊娠をサポートする医療、「不妊治療」というオプションがあります。

    

数十年前にはなかった新しいオプション「不妊治療」

一般不妊治療と言われる

  • タイミング法(医師のコントロールのもと、排卵のタイミングを見計らってセックスをします)
  • 人工授精(タイミングを見計らい、女性の体内へ事前に採取されラボで必要な処理をされた男性の精子を注入します)

  の他に     高度生殖補助医療(ART)と呼ばれる  

  • 体外受精

があります。    

体外受精は、体の外(ラボ)で精子と卵子を受精させ、培養させた状態のものを

女性の体へ戻す(移植)治療法です。

  

世界で初めて体外受精に成功したのは 1978年イギリスです。

そう考えると、40年以上前には まだ存在していなかった治療法が

今は心強いオプションとして存在するのは 医療の進歩に感謝する気持ちが湧いてきます。

   

治療に進むかどうかに関わらず、オプションがあることによって

自然妊娠が難しかったり、困難に遭遇している場合に、妊娠の願いを叶えるための

選択肢があるのです。 

       

年齢と共に卵子が「老化」する事実

「老化」という言葉に怯えてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

出来るだけ若々しく、溌剌としていたい!と言うのは、

男女を問わず誰もが願っていることではないでしょうか。

しかし、どんなにアンチエイジングが進んでも、そして実際に年齢を聞いてびっくりするほど

若々しく溌剌としていても「女性の年齢と共に卵子が老化する」という事実は変えられません。

   

卵子の質が低下すると、妊娠する可能性が下がっていきます。

卵子が備えている、染色体に以上が出てきてしまうため

受精したとしても正常に成長できるものが少なくなるからです。    

このため、妊娠率は減少し 流産率は増加してしまうのです。      

     

自分の卵子で妊娠するのが難しい…「卵子提供」で妊娠を叶える

もちろん不妊の原因は 加齢だけでなく、

若い女性であっても 卵巣機能不全や、遺伝性疾患などによって    

ご自身の卵子では妊娠が難しいと 判断される場合があります。

(そして男性側に原因があることももちろんあります)    

    

この時に、別の女性から卵子の提供を受けて体外受精を行うのが「卵子提供を伴う体外受精」です。    

パートナーの男性の精子(治療ケースによっては提供者の精子)と

提供者の卵子をラボで受精させ、培養させたものを 女性の体内へ移植します。

    

自然な妊娠であれば 女性の年齢と共に、妊娠率が低下してしまうのですが    

卵子提供の場合は、提供者の年齢が若いため (スペインでは35歳までですが、当院の提供者のほとんどは30歳以下です) 妊娠率は約80%ほどととても高いのです。    


個別のご相談(無料)を承っております

Amrita Fertility Japanでは

治療を検討されている患者様が、事前にクリニックの情報に触れ

治療方針や料金についてしっかり把握され、納得された上で治療を進められることが

重要だと考えております。

このため、いつでも無料でお電話によるご相談を承っております。

無料相談の詳細はこちらにご案内差し上げております。

また、LINEからのご質問やお問い合わせもご利用ください。

LINE IDの@amritajapanでお探しいただくか

こちらのQRコードをスキャンしてお友達に追加の上ご連絡くださいませ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *